2014年09月09日

9月9日大潮の辺野古 新基地建設反対の現場から

大潮の9月9日、潮のいちばん退き始める午前11時半過ぎ、カヌー隊とプカプカ隊は行動を開始した。
s_TM4_6867.jpg
辺野古の浜に集合したカヌー隊とプカプカ隊。
s_TM4_6825.jpgs_TM3_9906.jpg
砂地の海底にはジュゴンのエサとなる海藻が生えている。
s_TM3_0129.jpg
本土から来た海保職員に沖縄戦で集団自決の体験を語り、平和の大切さを話している座間味島出身の宮里さん。
s_TM3_0005.jpg
女性の腕をねじ上げる海保。
s_TM4_6957.jpga
ボーリング調査が行われている辺野古沖リーフ内の台船めがけておよそ50人の市民が押し寄せた。ボーリング調査機械を乗せた台船は反対派市民の妨害を防ぐためオレンジ色のフロート内に設置されている。政府とアメリカが合意したという臨時制限水域の境界を示すラインだ。このラインを超えたら米軍特措法で逮捕すると事前の脅迫を政府は繰り返したが、その法的根拠も示されず、海上での規制をおこなう保安庁すらその法的根拠も示せない意味の無い制限区域に抗議のために立ち入った市民たち。浅瀬の為にカヌーを下りて徒歩で近づける。昨日から始まった臨時規制区域突破の抗議行動が今日は台船までたどり着いた。しかし、少人数の抗議行動では数と体力に勝る海保にはかなわず、20人以上の市民が海保のゴムボートに一時拘束されて、抗議行動はひとまず終わった。
このあと、拘束者の解放とカヌーの引き渡しがいつもの様に行われた。
一昨日、名護市議選では共産党のナカザトさんがトップ当選し、基地反対派の与党が過半数を制し、ヘリパット反対している高江の住民の会の伊佐さんが村議に初当選した。政治の舞台で基地建設ノーの民意がますます明確になり、そして強固な意志として現れてきている。そして、基地建設反対の現場でも一歩一歩確実に闘いが前進している。辺野古の浜のヘリ基地反対協の座り込みテントやキャンプシュワブ前の座り込みテントを訪れる市民が日ごとに増えている。この流れは11月の知事選挙へと合流するだろう。
 保守革新を超え、基地は沖縄経済発展の足かせになっているとして県内財界人も米軍基地反対に立ち上がり、オール沖縄で国に米軍基地反対の声を上げている。かつて米軍軍政下の土地闘争、その後の祖国復帰運動を想起させる島ぐるみの闘いが始まっている。戦後69年間、耐えてきた怒りのマグマが、いま吹き出し始めている。沖縄の構造的変化がうまれている。沖縄はもう後戻りしない。s_TM3_0177.jpg 
辺野古の浜のヘリ基地反対強のテントに当選の報告に来た東村高江の伊佐真次さん。17年間ずっと座り込み続ける地元辺野古のオジイと固い握手を交わした。(9月9日)

s_TM3_9816.jpg
名護市議会選挙で共産党のナカザトさんがトップ当選。基地建設反対の与党が過半数を占め、基地容認派を過半数にするという政府の目論見は見事打ち破られた。(9月7日名護市)

s_TM3_0066.jpg
ジャーナリストも現場から力尽くで排除された。
s_TM3_0095.jpgs_TM3_0108.jpgs_TM4_6935.jpg

台船への突入と同時にキャンプシュワブにオスプレイがすさまじい爆音を轟かせながらタッチアンドゴーの訓練を開始した。まるで日本国民同士が争っているのをあざ笑うかのように。s_TM4_7015 (2).jpgs_TM4_7078.jpgs_TM4_7066.jpg


posted by M at 23:46| 沖縄 米軍基地