2009年12月12日

ブタのエサ作り

s-s-_TAK0307.jpg
島を一回りして回収してきた食べ残しや野菜くずにフスマなどを混ぜてをブタのエサ作り。脇からマキがおねだりした。あんパンのかけらを氏本さんが「ホレ食べろ」と言って投げた。今日はニンジン、リンゴの皮、キャベツの芯、冷凍庫の隅に忘れられていた餃子とご飯などなど。
昔は捨てられれていた残飯や野菜くずがちゃんと役立って,ブタを育てブタの排泄物が土を肥やし野菜を育て循環している。
昔は当たり前だった事が今では「すごい」となる。江戸の町の糞尿は川越あたりまで運ばれて肥料として売られたという。人肥で育った野菜が江戸に運ばれ消費された。氏本さんは同じ事を普通にやっている。
posted by M at 14:46| レポート