2010年03月26日

「ダビデの星を拒んだ画家フェリックス・ヌスバウム」友人のわこさんが書いた本

wako1.jpg

友人の大内田わこさんから「ダビデの星を拒んだ画家 フェリックス・ヌスバウム」(光陽出版 1524円+税)という本が送られてきた。
わこさんは何年か前から、アウシュビッツやユダヤ人虐殺の足跡を訪ねていることを聴いていたのですが、著書でこの画家の存在を始めて知りました。

巻頭の挿絵はフェリックス・ヌスバウムの自画像。のっぴきならない目つきをした表情の男。手に持ったユダヤ人のIDカードとじっと見つめる目は、最後の時間が迫っている事を伺わせる。

読者に歴史の真実にしっかりと向き合ってくれとでも言っているようだ。どこかで見たような錯覚を覚える。

この画家がどんな画家であったのか知りたくなった。
今夜読もう。
posted by M at 19:14| レポート