2010年09月16日

パキスタン洪水被災地1

いま、被災地から帰ってきました。ビザの問題で自由に動くことが危険なため警戒しながらの行動です。
場所はNowshera方面です。イスラマバードから西に150キロほど行ったところです。アフガニスタンにつながる幹線道路です。
この町が水に浸かって50日になりました。すでに水は引いてhなんみんも戻りつつあります。水の引いた町はカブール川が運んできた粘土が50センチから20センチも積もり道路、住居、学校、とにかく全部同じ高さになって積もっています。
粘りのある粘土は掻き出すことも大変で乾く前にはへばりつくし、乾けば固くなってやっかいです。水に浸かった建物は煉瓦を積み上げただけの家ですから、水圧で崩れたりひびが入ったりして外見は損害がないような家でもいつ崩れるかわかりません。危険なので住民は取り壊して建て替えています。ほとんどが借金をして住宅の建築費を出しています。それもできない貧困家庭は戻ってきていません。

--
森住 卓
Takashi Morizumi
posted by M at 01:54| 地震・水害など