2010年09月16日

パキスタン洪水被災地2

カブール川の氾濫によって運ばれた肥沃な土が、豊かな実りを約束してくれるのです。しかし、農民にとってはすべての物を失い何の補償もありません。肥沃な土地になったとしても、来期に蒔く麦の種が水をかぶ
り腐ってしまいました。取り入れ前のトウモロコシは無残にも立枯れ、墓標のように立っていました。
運ばれ堆積した土は水平になり、所有者の境がわからなくなってしまいました。土地争いがこれから心配です。
カブール川の水をくみ上げていた灌漑用のポンプも流され、鉄枠だけが残されていました。小麦、トウモロコシ、ジャガイモ、野菜類、などの農業生産は大きな打撃を受けています。
きれいな水が手に入らないため、下痢や感染症がはやっています。自家井戸に洪水が入ったため飲めません。
住民には目がかゆくなる病気でウイルス感染する急性角膜炎が流行しています。汚れた手でこすって感染しその手をタオルで拭きその徹を他の人が使えばウイルスは感染していきます。感染力の強いウイルスなので一気に広まってしまいました。
地域の中心的な病院も水をかぶり、完全に機能停止、閉鎖されたままです。

--
森住 卓
Takashi Morizumi
posted by M at 01:57| 地震・水害など