2011年02月27日

高江レポート番外編

きょうは日曜日。
沖縄防衛局も休みで工事はありません。
山原から沖縄高速道(今、無料。政府は有料化を再開するという)を南下し金武
町に入ると、右側がキャンプハンセンの演習地。「流弾に注意」という大きな看板が掲げられている。
キャンプハンセンから実弾がたびたび演習地の外に飛んでくることがあった。
沖縄高速道伊芸サービスエリアのトイレの壁にあたったり、タクシーのバンパー
に当たったり、隣接した民間地域に飛んでくる。危険きわまりない。
「危険注意」の看板をだしても、どう注意したらいいんだろう。
防ぐには基地をなくすことでしょう。
_TM10056.jpg
posted by M at 09:01| 沖縄