2011年06月17日

核空母ジョージワシントン 核廃棄物の搬出 6月8日米海軍横須賀基地

横須賀を母港とするジャージワシントン(GW)は今年1月から定期整備を行っていた。
八日、定期整備後の四日間の試験航海を終え、基地に帰港した。
原子炉周辺の整備に伴う低レベル放射性廃棄物を米本国で最終処分するため、米海軍がチャーターした貨物船に搬出する作業も行った。
日米間の約束では、「燃料交換及び動力装置の修理を」日本領海内で行わないこと、港内では放射性物質が「原子力潜水艦から搬出されることはない」と明記している。
横須賀港内で修理や積み換えを行うのは日米間の合意に違反していると、平和団体や市民団体は抗議している。
_TMP0217.jpg_TMP0461.jpghosei1_TMP0337.jpg
posted by M at 14:06| 米軍基地