2012年04月06日

続報 羽田空港に飛来した巨大米軍輸送機

4月4日にブログにUPして、いろいろな方から情報を頂いた。
すでにTV や新聞で報じられていたんですね。強風のため緊急避難とか?
機種は米軍最大の輸送機C5B。ハワイから来たという。

かつて、台風からの避難という理由で沖縄の嘉手納基地にグアムからB52がやって来た。
これは嘉手納へのB52配備の地ならし。沖縄県民を慣らすためだった。そして、いつの間にか常駐。すなわち居座ってしまった。
羽田に米軍機が常駐なんて言うことはないと言い切れない。

敗戦間もない1945年9月21日、突然占領軍の米軍は羽田にあった羽田鈴木町、穴守町、江戸見町の三つの町の住民に24時間以内に立ち退けと命令。
強制接収した町は一夜にして空港にされてしまった。
撤去作業中事故が相次ぎ取り壊されず残された穴守稲荷神社の鳥居は当時の米軍の暴虐をじっと見ていたのだろう。
そのいきさつは
http://blogs.yahoo.co.jp/to7002/36260900.html
に詳しい。


--
森住 卓
Takashi Morizumi
090-7715-2305
posted by M at 22:19| 米軍基地