2012年04月20日

チェルノブイリから チェチェルスクの学校

汚染の中心地ゴメリから北に百キロのチェチェルスク市の中高学校では高校生た
ちがホールボディーカウンタの検査を受けていた。
ミンスクにあるNGOベルラドが学校を訪問して検査を行っている。
この地域の子どもたちの被曝量は30から40Bq/kgで時々200Bq/kgぐらいのこども
もいる。検査は普通のイスに腰掛けて、5分ぐらいじっとしているだけ。その場
で結果が出る。
子どもたちは不安そうに結果の出るパソコンをのぞき込んでいた。
TM1_9410.jpg
posted by M at 04:23| 原発