2012年04月28日

福島県鳥 飯舘村ので収集したキビタキ オートラジオグラフで被曝を映像化 


先日、森敏先生から以前お願いしていたオートラジオグラフの写真が届いた。
私が飯舘村で昨年12月に採取してきたキビタキの死骸だ。
やはりだいぶ被曝していた。

キビタキの被曝の状況を映像化したものだ。
カラーはサンプルの写真。
モノクロのレントゲン写真のようなものがオートラジオグラフ。
黒い点々としたものがCs137の放射線がでているため黒くなった。
羽の部分は表面に付着したもの、腹の部分の黒くなったところはお腹の内部から放射線がでている。
汚染した虫などを食べたことで食物連鎖で濃縮されたものと思われる。
これはお腹側を羽を広げて撮影したものだ。
1枚の写真を撮影するために要した感光時間は一ヶ月。
提供;森敏先生
森先生のオートラジオグラフで映像化した飯舘村の植物の写真も衝撃的です。この写真はJVJA編集のオンラインマガジンfotgazet vol5に掲載されています。是非購入してご覧下さい。
http://fotgazet.com/

IMG_2768.jpguguisuuraNO102.jpg

s風下_1.jpg
posted by M at 23:28| 原発