2013年01月07日

森住卓写真展「風下の村」のお知らせ 2/2〜12 新宿コニカミノルタプラザ


森住卓写真展「風下の村 Down Winders」
2013年2月2日(土)〜2月12日(火)10:30-19:00(最終日は15:00まで)
コニカミノルタプラザ ギャラリーC(無休・入場無料)
http://www.konicaminolta.jp/plaza/
〒160-0022 東京都新宿区新宿3−26−11 新宿高野本店ビル 4F
03-3225-5001

ネバダ核実験場から北東地域のネバダ、ユタ、アリゾナ州など放射性降下物で汚染された地域に住む人々を「Down Winders-風下地区の住民」と呼ぶ。
「風下の村 Down Winders」は福島第一原発事故で放射性物質が風で運ばれた地域。

汚染された事実を知らされず、住民はずっと住んでいた。
放射能は目に見えず,音も,味もない、五感で感じることが出来ない。
風下地区の人々は一瞬にしてふるさとを奪われ、家族や友人もバラバラにされた。
福島取材は2011年3月13日の事故直後から始まった。
これまで週刊誌や写真集などに発表した。
最新のものは昨年末など合計約50数点。
福島は終わっていないことを知って欲しい。
風下DM.jpg
posted by M at 19:55| レポート