2013年02月23日

福島県双葉町町民の甲状腺検査

2月23日双葉町町民の甲状腺検査が行われた。
(福島市 医療生協わたり病院)

先日福島県は甲状腺検査の結果を発表。
4万人の県民の甲状腺検査の結果これまでに3人の甲状腺がんが発見され、疑いのある人は7人に上る。通常甲状腺がんは100万人に一人と言われている。
疑いも含めると通常の250倍の発生率になる。
県は福島事故由来を否定しているが、ならばなぜ高率の発生なのか理由を明らかにすべきだ。
チェルノブイリでは1986年の事故以来徐々に発生率が高くなっていった。

これまで懸念してきたことが現実となってきていることを感じている。一刻も早
く子どもたちだけでも安全なところに避難させなければならない。

福島集団疎開裁判
http://fukusima-sokai.blogspot.jp/
hosei1_TM3_6545.jpg
posted by M at 23:12| レポート